税務と経営情報を提供する大和田税理士事務所

税務と経営情報を提供する大和田税理士事務所

大和田税理士事務所のホームページへようこそ!

Profile

このページでは、大和田税理士事務所の自己紹介をしております。ブロードバンド時代に即した「e会計帳簿」を強力にお奨めしています。
必ず貴社の要望に応える低廉で確かなASP会計ソフトです。

http://www.linetsystem.co.jp/

会社概要

会社名 大和田税理士事務所
本社 栃木県那須塩原市西大和9-7
業務 税務会計事務、資金繰り指導、ASP会計ソフト指導
得意分野 英文財務諸表への組み替え、移転価格税制、分割の困難な相続事案
設立 1968年
税理士 大和田智則
吉田健一郎
従業員数 19名
取引金融機関 足利銀行 西那須野支店
栃木銀行 西那須野支店
大田原信用金庫 西那須野支店
事業内容 税務会計事務、税務監査、会計事務員の教育

沿革

昭和40年 大和田和夫、税理士資格を取得
事務所を栃木県西那須野町(現;那須塩原市)の駅前におく。
昭和54年 新事務所を西那須野町大和町(現;西大和)に建設。
昭和58年 大和田智則入所する。
ミロクの会計端末機を導入する。
平成元年 消費税のためにコンピューター設備を一新する。個人個人がラップトップ型を保有する。
平成3年 ノート型パソコン(DOS)で各所員が自由にプログラムを操作できるようになる。
平成9年 新事務所を建設、LAN設備の導入により、EPSONの会計税務ソフトを導入する。
平成10年 アメリカの四大会計事務所を所員が見学。大きな刺激を受ける。
大和田智則は東京京橋税理士会に転籍する。
平成11年 税務と会計の分離を図るため、(株)大和田経営研究所を設立する。
平成14年 中国市場の重要さに着目し、提携先を探す。
平成18年 上海のマイツ会計事務所等を見学し、見聞を広める。
平成19年 所員、ベトナムの会計制度の研修を受ける。大きなカルチャーショックを受けた。
平成20年 年末から不況深刻、当事務所も大いに影響を受け反省。事業展開の見直しにとりかかる
平成23年 (株)大和田経営研究所を解散する。
平成24年 中国広州に進出した日本企業の視察に行く。
平成27年 事務所代表が大和田智則になる。
平成28年 吉田健一郎税理士が入所。
19名体制になる。
平成29年 香港で金融取引の実際体験